家庭用脱毛器 危険性

家庭用脱毛器の危険性 起こりうるトラブルや危険な使い方など

 

全身脱毛サロン おすすめランキング!

 

家庭用脱毛器を使って起こる肌トラブル

 

「脱毛エステに通いたいけれども時間やお金がない」といった人が、自宅にいながら手軽に利用できる家庭用脱毛器。

 

家庭用脱毛器があれば空いた時間でいつでも自分で脱毛できるため人気があります。

 

しかし家庭用脱毛器を使って火傷や埋没毛といったトラブルになる人も多くいるといわれています。

 

エステと同じ光脱毛ができるタイプの脱毛器も登場してきました。

 

しかし、うまく使えばきれいに脱毛できるのですが、使い方などを間違えるとトラブルにつながる恐れがあります。

 

光の強さについては、弱すぎると効果が出ませんが、強すぎると火傷や炎症などの原因になってしまいます。

 

また、使用法やタイミングが間違っていると逆効果になってしまうことも。

 

「肌の調子が悪い時に行わない」「光の強さには気を付ける」「脱毛後は肌を冷やす」などの後処置を行うことが大切です。

 

また、家電量販店などで手軽に購入できるタイプの脱毛器は、毛を挟み込んで抜くタイプのものです。

 

これは無理やりといえるような力で引き抜くので、毛が根元から抜けずに途中で切れてしまうことが多く、埋没毛の発生などにつながるケースがあります。

 

 

 

危険な使い方・その他のトラブル

 

家庭用脱毛器の危険な使い方として、「日焼けしている部分にさらに脱毛の光を当てる」という使い方が挙げられます。

 

脱毛器から照射される光はムダ毛の色(黒)に反応するようになっています。

 

そのため日焼けした肌のメラニン色素にも光が反応して、肌が高温化して火傷を負うリスクがあるのです。

 

また、ほくろや刺青にも光が反応しやすいので、あらかじめ絆創膏などでカバーしてから光照射をするようにしましょう。

 

脱毛サロンでは日焼けなどがあれば、きちんとチェックして安全に施術してもらえますが、家庭用脱毛器は自分で判断しなければならないという点があります。

 

これくらいの日焼けなら大丈夫だと自己判断するととても危険です。

 

また、脱毛器の光を目に当てると失明のリスクが、水の中で使うと感電の危険があります。

 

説明書に書いてあることを守り、正しい使い方をすれば特に心配はありません。

 

そして、小さな子どもの手の届かないところに保管するのもたいへん重要です。

 

小さな子どものいる家庭では、きちんと脱毛器を管理しておく必要があります。

 

 

 

脱毛サロンのほうがおすすめ?

 

「安全に使えるだろうか」「日焼けなどの状態を自己判断するのが不安」という人は脱毛サロンの方がおすすめです。

 

脱毛サロンでは日焼け具合については、プロの施術師に施術の可否の判断をしてもらえます。

 

プロの施術師はこれまで様々なタイプの肌の人の施術を行ってきた経験がありますので、脱毛を希望している人の肌の状態をきちんと把握することもできます。

 

また、危険な使い方をされるということもありません。

 

細かな部分の施術も自分でするよりも、プロにしてもらう方がきれいにしてもらえますし、きちんとした脱毛効果が得られるといえます。

 

そのため、安全安心な脱毛を求めるときには、脱毛サロンのエステティシャンに行ってもらう方がおすすめです。

 

全身脱毛サロン おすすめランキング!


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 脱毛ラボ キレイモ 銀座カラー