全身脱毛 解約

解約したいときの手順&クーリングオフ

脱毛サロンで申込みをしたものの、途中で解約したくなることもあり得ます。

 

「無理やり勧誘されてお金を払ったけど、やっぱり解約したい」

 

「何回か受けたけど、思ったほど脱毛効果を感じられなかった」

 

「予約が全然取れない」

 

「金銭的に苦しくなったので・・・」

 

「お店に行くたびに勧誘を受けて、通うのがイヤになった」

 

など、いろいろと理由はあるでしょう。

 

脱毛コースを申し込んでから、契約期間が終わっていない間ならば、その理由にかかわらず「クーリングオフ」「中途解約」を申し出ることが可能です。

 

全身脱毛サロン おすすめランキング!

 

 

クーリングオフ

クーリングオフは、消費者の側がその理由に関係なく一方的に解約をすることができる、法律で保護された権利のことです。

 

脱毛契約のクーリングオフは、以下の条件をクリアしている場合に使うことができます。

  • 書面上で契約をした日から8日以内
  • 契約期間が1ヶ月以上
  • 契約金額が総額5万円以上

 

クーリングオフの手続きは書面で行うことになります。
所定の書類の送付は、8日目の消印まで有効です。

 

クーリングオフを行うのは、脱毛サロンやエステサロンの場合は問題ありませんが、医療機関との脱毛契約には適用されないことになっています。

 

 

中途解約

契約をした日からすでに8日以上経っていて、まだ契約期間が残っている。

 

その場合には、残りの契約を中途解約して返金を受けることができます。

 

まず解約の意思表示をして、その後、解約の書面を取り交わすケースがほとんどです。

 

その際に「全額返金保証」のある脱毛コース以外では、脱毛エステ側の損金として解約手数料が発生します。

 

その解約手数料などを差し引き、精算された金額が返金されることとなります。

 

返金は主に銀行振込になります。

 

契約時にクレジットカードを使用していた場合は、キャンセル処理が必要になりますから、店舗までカードを持参して手続きする必要があります。

 

 

月額制のメリット&お試し脱毛

 

全身脱毛を料金一括で申し込んでいた場合、中途解約したときの解約損料の金額も大きくなりがちです。

 

そのことを考えれば、1ヶ月分のみを支払う形の月額制は、コスト的な損が少ないですね。

 

月額制で全身脱毛ができる脱毛ラボのようなお店は、安心できるはずです。

 

脱毛ラボ 公式ページ

 

脱毛ラボ 詳細はこちら

 

 

そして、また解約してしまうことにならないように、まずは体験コースを試してみて、どんなお店なのかを知っておくことは損にはなりません。

 

有名脱毛エステの用意している格安のお試し脱毛を体験してみてから、あらためて全身脱毛コースの契約を考えてみてもいいかと思います。

 

格安で脱毛し放題が可能なエステ

脱毛エステ 脱毛できる部位 回数・料金 詳細

両ワキ

 

脱毛し放題・500円

 

TBC 詳細

 

両脇+Vライン

 

脱毛し放題・250円

 

ミュゼ 詳細

 

 

格安でお試し脱毛が可能なエステ

脱毛エステ 脱毛できる部位 回数・料金 詳細

18部位から好きな場所

1箇所

 

2〜4回・2,000円

 

エピレ 詳細

22部位から好きな場所

3箇所

 

3回・1,000円

 

レイビス 詳細

 

両脇+Vライン

 

12回・100円

 

ジェイエステ 詳細

 

 

格安でお試し全身脱毛が可能なエステ

脱毛エステ 脱毛できる部位 回数・料金 詳細

 

全身22部位

 

各1回・300円

 

銀座カラー 詳細

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 脱毛ラボ キレイモ 銀座カラー