全身脱毛 体臭

脱毛すると体臭が消える?強くなる?

 

 

脱毛する目的は「ムダ毛の自己処理から解放される」「お肌がきれいにツルツルになる」ことですね。

 

それ以外にも “体臭を解消するために” 脱毛を考える人もいます。

 

実際に、ワキやデリケートゾーンのムダ毛を脱毛サロンで処理したことで、イヤな臭いが気にならなくなった!という体験者は大勢いるんですね。

 

ワキガ体質だったのが症状が軽くなった、という人も珍しくありません。

 

全身脱毛サロン おすすめランキング!

 

 

脱毛によって毛がなくなると、臭いの原因をつくる細菌が付着してしまう面積が減ることになります。

 

つまり脱毛されて毛根がなくなって「ムダ毛の量が減ること」イコール「雑菌が減少して臭いが軽くなる」ということです。

 

このことは口コミ情報だけでなく、皮膚科のお医者さんも確認している確かな事実なんです。

 

ですから、ムダ毛が気になっている人だけでなく、体臭を改善して自信を持ちたい!という人にも、サロン脱毛はおすすめできる、ということになるんですね。

 

 

脱毛して体臭が強くなる人がいる?

 

一方で「脱毛してから、体臭が強くなった気がする」という人もいるようです。

 

すでに書いたように、原理的には脱毛したことで体臭は減っても増えることはないはず。

 

なぜこのようなことが起こるのでしょう?

 

皮膚科の先生によると、二つのことが考えられるそうです。

 

 

脱毛で汗の量が増える

サロンの脱毛やレーザー脱毛を受けた後に、「ワキなどにかく汗の量が増えた」という人もいます。

 

そのことを「脱毛後多汗症」とも呼ぶのですが、脱毛したことが発汗刺激になって、多汗体質になる可能性があるのです。

 

ですので、ほとんどの人は、体臭そのものがキツくなったわけではなくて、多量にかく汗の臭いが気になるようになった、ということですね。

 

脱毛後多汗症は一時的なものだとされているので、脱毛後しばらくすると体が慣れて、収まることがほとんどだと言います。

 

 

毛穴に皮脂詰まりが起きている

脱毛が完了すると、ムダ毛が毛根ごとスルリと抜けた状態になります。

 

つまり、毛穴だけが残った状態になるのですね。

 

この毛穴に皮脂や汚れが詰まって、それが酸化してしまうと臭いの原因となってしまいます。

 

脱毛直後は、まだ毛穴が開いたままのことが多いため、このような毛穴詰まりが起こりやすいようです。

 

毛穴に残った皮脂は指でつまみ出すこともできますから、いつまでも臭いが気になるときには絞り出してしまうと良いとのこと。

 

それでも改善されない場合は、皮膚科で毛穴を開く処置をしてもらうことができます。

 

簡単に治るそうなので、お医者さんに相談してみてくださいね。

 

 

全身脱毛サロン おすすめランキング!

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 脱毛ラボ キレイモ 銀座カラー